こんにちはべりすけです。
sism4ブログ、6日目です。

a1
さて、諜報員の助言者は昨日昇進したし、今日は無理だよね。
土日で課題と日課を終わらせよう。

a2
ししゃも(餃子食べたい)

ロッカールーム係も昇進見込み無し。
ロッカーししゃもも休みの日に色々終わらせようね。

a3
オフィスおもちとハングリーなリトも昇進出来そうに無いね。
今日は皆、消化試合だなぁ。

a4
ベリ「いえこれは鼻メガネではありません」

今日は全員出勤なので、それぞれ準備しましょうね。

a5
ししゃも「なんかさー周りの家立派なのが多すぎない?」

家の事はもう言うな。

a6
ししゃも「しかもさっきあっちで……」

a7
ししゃも「クマが出たんだ……」

ウソをおっしゃい。なんだその顔。

a8
おもち(早く転職したい)

おもちはねー、土日休みだからその間に色々課題済ませて月曜日昇進して、ボーナス貰ってから転職しようね。
貰うもん貰ってから辞めようぜ。

a9
ぐっさん「いってきまぁす」

ぐっさんの歩き方は未だに笑っちゃう。

a10
ししゃも「飛行機乗って皆でどこか遊びに行こうぜ」

男性陣が土日休みなので、土曜日は何処か公共施設に遊びに行こうかな。
飛行機は乗らないけどね。

しかしちび、また冷ややかな目でししゃも見てるな。

a11
ししゃも「ゲームセンターとか無いんかねー」
リト(ししゃも早く皿片付けろよ…)


ししゃもずっと座って喋ってるな。

a12
ちびとベリは夕方頃出勤です。
時間が余っているので、ベリのバーテンダースキルを上げちゃいましょう。

a13
バーカウンター+カウンターチェアを購入。
なんだか雰囲気あるじゃーん!

a14
ベリ「ひええ」

料理同様、バーテンダースキルが低いので失敗しまくっている。

a15
作ったお酒は飲めます。
レベルが上がるごとに作れる種類も増えていきますよ。

a16
ちび「頑張って昇進していいお家住もー!」

スキル上げの休憩中、ちびと雑談するベリ。

a18
ベリ「死ぬまでにいいお家住めるかしらね」
ちび「そんな怖いこと言わないでー!」


ベリ、ちびを泣かす。

a19
そしてこの笑顔である。

a20
お酒も冷蔵庫に保存しておけます。

a21
お酒を冷蔵庫に入れた後、唐突に腕立てを始めるちび。
なんでそこで?

a22
ちびに感化されたのか、腹筋を始めるベリ。
写真撮りにくいところで面白い事しないで下さい。

a23
ぐっさん、今日はスンとした顔で帰宅。

a24
ぐっさん「俺のパンツ、見つかりましたー!!」

a25
トレーニング中のちびに唐突の報告をし、テレビを観に行くぐっさん。
おもろいな。

a26
リト(疲れた…)

リトは一応スキル上げと日課をさせようかなぁ。
明日もしかしたら昇進出来るかもしれない。

a28
おもち(こんな仕事辞めてやる…)

魅力スキル上げて月曜日出勤したら辞めようね。

a27
ししゃもはトレーニング、おもちとぐっさんは魅力スキルが必要なので、どっちも上げることが出来るジムに土曜日は行きましょうかね。

a30
ぐっさんが冷蔵庫の前で佇んでいたので、ししゃもが朝食べたがっていた餃子でも作ってもらいましょう。

a31
順調にキャベツを刻んでいますね。

a32
そして豪快に混ぜる。
いや、そうじゃないって分かるだろ。

a33
餃子はコンロではなく、下のオーブンで焼くみたいですね。

a34
ぐっさん「こんなん出来ましたー」

おー美味しそうなのが出来たね。ありがとう。

a35
リトの1枚目の絵完成。
なんかポニョっぽい絵だね。
しかしこれ古典画か…。左の暗闇に佇むウサギも古典画。古典画って何なんだ。
スキルも課題も終わっていないので、もう一枚描いてもらいましょう。

a36
明日ジムに行く3人組はのんびりテレビ鑑賞中。
リトはチェスで遊んでいますが、絵を描いてくださいね。
ちびとベリはいつの間にか出勤していました。

a42
ししゃも「俺らは死ぬまでここに幽閉されるらしい…」

そうだよ。

a37
おもち(ぐっさんのギョーザ食べよ)
ししゃも(踊ろ)

現実逃避。

a38
ぐっさん「本をいつも散らかしているのは俺ですが何か」

ぐっさんは本好き設定だったと思うので、いつも本を出してはその辺に放置しています。

ダンスと食事はお喋りしながら出来るみたいですね。
ソファで食事を摂るのは初めて見たなぁ。

a39
そしてぐっさんも踊りだす。
いや、踊るのはいいんだけど、食事しているおもちの目の前で踊らんでも…。

a40
おもち「俺は動かんぞ。石造の様にな」

ぐっさんめっちゃ邪魔そう。

a41
バーカウンターでも食事出来るんですねぇ。
ちょっとお洒落感あっていいな。

あ、リト絵描き終えたのね。

a43
墓の絵て。

一生ここに閉じ込められるねこ家を象徴しているかのような絵ですな。